クリクラ ボトル

人気NO1ウォーターサーバー『クリクラ』ボトルの種類は?使い勝手はどうなの?

クリクラ ボトル

 

『クリクラ』はいくつものランキングで1位を獲得している人気のウォーターサーバー!

 

 

人気の秘密は水が美味しいから?サーバーの使い勝手がいいから?

 

 

もちろんどちらも人気の理由の1つ。

 

でももう1つ、ボトルの扱いやすさも人気の理由なんです。

 

 

早速『クリクラ』のボトルについてみていきましょう。

 

 


『クリクラ』ウォーターサーバーボトルはうれしい2種類!サイズや形状は?

クリクラ ボトル

 

『クリクラ』のボトルは2種類用意されています。

 

それぞれのサイズなどは次の通り。

 

 

クリクラボトル クリクラキュートボトル
サイズ 高さ:378o 幅:270o 高さ:354o 幅:202o
容量 12リットル 6リットル
料金 1250円 800円

 

『クリクラ』にかかるコストは基本的にこの水ボトルの代金のみ。

 

だから他社と比較してもとってもコストパフォーマンスがいいウォーターサーバーです。

 

 

クリクラ ボトル

 

『クリクラ』のコスパについては『クリクラ』の値段の全て!水代からマル秘節約法まで徹底調査!を参考にしてください。

 

 

 

『クリクラ』のボトルは使い勝手を考えられた形状。

 

 

クリクラ ボトル

 

 

大きいサイズのクリクラボトルは女性でも簡単に交換できるよう取手がついています。

 

クリクラキュートボトルはさらに女性やお年寄りにも扱いやすいよう軽量化されたボトル。

 

 

どちらも保管がしやすく、ペットボトルのように転倒の恐れのない形状です。

 

『クリクラ』のボトルは、サーバーと同じく使いやすさを考えぬかれてデザインされた優秀なボトルなんです。

 

 

 

クリクラ ボトル

 

『クリクラ』サーバーに関することは『クリクラ』のサーバーが優秀すぎる!満足度NO1のワケは?を参考にしてください。

 

 

 

 

『クリクラ』のボトルは飲み終わったあと回収され繰り返し利用される環境問題を考慮したリターナブルボトル。

 

 

 

クリクラ ボトル

 

 

再利用のボトルですがご安心!

 

世界レベルの衛生基準を誇るクリクラプラントで厳重な品質管理のもとに検査・洗浄されるから安心しておいしい水をつかうことができるんです。

 

しかも『クリクラ』はボトルの受け取りの手間を最小限に抑えた配送システム。

 

 

クリクラ ボトル

 

 

クリクラキュートボトルは1回に3本以上の注文が必要ですが、基本的に必要な時に必要な分だけ注文すればいいから

 

 

「使い切らないボトルがたまってきちゃった・・・(泣)」

 

なんてことにならないのも『クリクラ』が人気の理由の1つなんです。

 

 

 

クリクラ ボトル

 

『クリクラ』の注文に関することは『クリクラ』の注文が自由すぎる!注文方法を徹底調査!を参考にしてください。

 

 

 

 

しかもあらかじめ決めて置いた場所に置いて行ってもらえるから、

 

 

「留守にしてたから再配達を頼まなきゃ・・・(泣)」

 

 

ってことにもならないんです!

 

 

『クリクラ』ボトルにはどんな水が入ってる?美味しさは?

 

クリクラ ボトル

 

 

『クリクラ』のボトルに詰められている水はRO水とよばれるほぼ100%不純物が取り除かれたピュアウォーターです。

 

牛乳を真水にしてしまうほどの高性能フィルターで浄化された水は

 

 

  • 化学物質
  • 環境ホルモン
  • 放射性物質

 

水の中のあらゆる不純物を取り除かれます。

 

それだけじゃありません。

 

『クリクラ』の水はピュアウォーターにした後、味に関係するといわれるミネラル

 

 

・ カルシウム 6.6mg/L
・ ナトリウム 5.0mg/L
・ カリウム 1.7mg/L
・ マグネシウム 3.3mg/L

 

 

4つのミネラルを配合された硬度30mg/Lの軟水。

 

 

だからこそ

 

クリクラ ボトル

 

『クリクラ』の水はお料理から赤ちゃんのミルクにまで安心して美味しく利用できるんです。

 

 

どうですか?

 

『クリクラ』は

 

  • 水の味
  • サーバーの機能
  • ボトルの使い勝手

 

 

どれをとってもNO1納得の内容なんです!

 

 

是非参考にしてくださいね。

 

 

 

 

ボトルも納得の使勝手!お客様満足度7年連続No.1『クリクラ』をもっと詳しく見に行く⇒

 

 

 

 


page top